競馬は様々な魅力が存在します。
たとえば単なるギャンブルとしてやるのではなく、
馬の強さを見ることや、勇士を見るだけでなく血統をみて親子で偉業の制覇を見たり、
親がなせなかったことを見ていくことに大きな楽しみがあるのが魅力なのです。
それでは競馬とはどのような仕組みなのでしょうか?
基本的に公営ギャンブルですから、
もとが25パーセント儲かるようになっているわけですが、
その一部が地域の振興に使われるのです。
運営をしているところはJRAで、ここを管理してるのが農水省です。

開催されるのは土日で競馬場は10件ほどあるようです。
競馬そのものの仕組みとしては、わかっている方もいらっしゃるかもしれませんが、
これは一着あるいは1、2、3着を考えるゲームです。
つまり一番早くゴールする馬を考えたり
到着順を決めるために金銭をかけるゲームなわけです。
基本は1票100円で、当たれば倍率によって、払戻金が得られるのです。
さて皆さんはどのような馬を買いますか?
確かに一番実績のある馬や、人気のある騎手が乗ってる馬券を買いたいと思いますが、
これらだと様々な問題があります。
人気があるということはそれだけ多くの人が買うわけで、当然たくさん売れます。
ですから払い戻される額が少なくて、極端な話1.0倍という自体もありえるわけです。

そこで重要になってくるのが、1番人気だけを考えるのではなく、
それに近いものをうまく推理していくのです。
なれないうちは2連複を選ぶわけで、これは3-8を買った場合、3、8になったり、
8、3の順番で着ても当選となるのですが払い戻しが少ないのに対して、
三連単ですと4-5-6と買った場合その順番でこないと当たったことになりません。
しかしその分払い戻しがすごくて、最悪100万超えるなんて事態も生じるわけです。
つまり、様々な馬券の種類があり、まず短勝は1着を当てるもので、
馬連は1、2着を順番不問で当てるもので、馬単は正確にあてます。
また枠連というのは、最大八枠の中の1、2着を予想していくもので、
ざっとあげただけでも様々な購入方法が存在します。
それぞれに違った戦略性があるわけですね。
このように競馬には様々な戦略を考えて、うまく利益を出していく戦略的なゲームなのです。 戦略を立てるには分析された競馬情報が必要です。
競馬情報を参考に戦略を立てることでより楽しい競馬予想ができるはずです。
馬の血統を見たり、そのときの状態を考慮して買って、当てるのは実に爽快なのでしょう。
興味のある方は一度やってみてはいかがでしょうか。